合宿免許の取り方について

自動車の免許を取る時には、二通りの取り方があります。

1つは教習所に通って8ヶ月以内に講習を済ませ、試験を受けに行き免許を取得する方法、もう1つは合宿所に行き、宿泊しながら短期間で免許を取得する合宿免許という方法です。



どちらも学科授業、技能教習を受け、修了検定を受けます。



その後に合格すると、まずは仮免許を取得でき、その後再び卒業試験まで学科と技能の授業を受ける形になります。

運転免許の試験は免許センターで行われます。

試験時間は50分、合格するには90点以上の点数が必要となります。

試験の結果はその日に判定され、電光掲示板に合格者の番号が表示されます。



免許を短期間で取得するための合宿免許には、様々なプランが用意されています。

場所によっては空いている時間に観光を楽しむなど、旅行気分で参加する事もできます。


友人やカップルで申し込むのも思い出作りとなって一石二鳥ですよね。


プランによって料金は異なりますが、豪華にレストランの食事がついているプランもありますし、なるべく節約していきたい場合には食事をなくして部屋で自炊ができるプランというのもあります。

既に二輪免許を取得している人はさらに安くなります。

宿泊時に必要な物としては、保険証、住民票、印鑑など公的な物、歯ブラシやタオル、着替え、充電器といった生活用品です。

また、合宿免許の宿泊期間は2週間ほどありますので、ミュージックプレーヤーやゲーム機などの娯楽品もあった方が退屈しません。